1. 剣道を始める前の疑問や不安
  2. 剣道を始めてからの疑問・質問
  3. 当会独自の疑問・質問

2.剣道を始めてからの疑問・質問

Q2-1.剣道ってお金がかかりそう...

A2-1.お子さんが剣道を始められる上で、おそらく一番親御さんが気になさることではないでしょうか。
それぞれの段階によって必要となる金額が変わりますので、順にご説明いたしますね。


ご入会からお稽古開始時

当会では入会金をいただいておりません。
お月謝は2,000円/月を頂戴しており、最大で初回納入時に3カ月分をお願いいたしております。

  • 4-6月期
  • 7-9月期
  • 10-12月期
  • 1-3月期

と分けてご納入いただいておりますので、もしお子さんのご入会が4月からでしたら4-6月期分として6,000円、5月からのご入会でしたら5,6月分として4,000円をお納めいただくことになります。
他に、スポーツ障害保健にご加入いただくため、ご加入費用600円をご入会初回にご納付いただきます。
こちらは年次の4月更新となりますので、翌年4月に再度ご納付いただきますが、それ以外の時期にいただくことはございません。

お稽古の最初は動きやすい服装(体操着・ジャージやTシャツなど、スポーツに適した服装であれば何でも結構です※1)で剣道の基本的な動きを覚えていただくことから始まります。
この時に必要なものといたしましては「竹刀(しない)」を最低一本だけご用意いただくことになります。
蕨市南剣道クラブは出入りの武道具屋さんにご協力いただき、竹刀をお安くご提供いただいております。
おおよその目安といたしましては1,500円/本(時期や長さによって差異あり)です。
それと竹刀に着用する鍔(つば)と鍔止め(つばどめ)。
こちらは合わせて200円前後で揃えられます。
防具をつけられるようになるまでは、この竹刀一本だけお持ちいただければで十分です。

※1 左胸部分に大きくお名前を書いた名札を付けていただいております。


防具着用開始時

剣道を続ける上で一番お金のかかる道具、それが防具です。
基本のお稽古を続けて三カ月から半年(お子さんの成長により個人差があります)、先生からお話がありましたら上は胴着、下は袴、それに剣道具を着用しての稽古へとステップアップします。
しかしご心配なく。
蕨市南剣道クラブでは、まず年長者のお古である胴着や防具をご用意いたしております。
ですからいきなり全て「買って下さい」ではなく、まず用意された子供用防具を試していただき、もし足りないものがありましたら、それだけは各ご家庭のご判断で、自由にご用意いただく…ということになります。
さて、気になるそれぞれのお値段ですが

胴着(剣道衣)【どうぎ(けんどうい)】

剣道衣
2,000円から6,000円程度。最初はこれくらいの価格帯の胴着で十分です。

袴(剣道袴)【はかま(けんどうばかま)】

剣道袴
3,000円から8,000円程度。材質や染め方などで価格に大きな差があります。
小学生初心者ならば、安いテトロン製の袴が良いでしょう。

竹刀【しない】

竹刀
一本1,500円程度。
稽古開始時は1本でも良いのですが、防具をつけての稽古を始めるようになったら最低2本必要です。
それと鍔(つば)、鍔止(つばどめ)という竹刀の付属品も必要になります。

面【めん】

面
12,000円から16,000円程度。
面は頭を守る大切な防具ですので、子供用とはいえ若干値が張ります。

小手(籠手・篭手・甲手)【こて】

小手
5,000円から8,000円程度。
小手は打たれると一番痛い部位ですので、少し良いものを選んであげたいものです。

胴【どう】

胴
7,000円から8,000円程度。
最初のうちは樹脂製で、軽いものを使ったほうが良いでしょう。

垂【たれ】

垂
3,000円から6,000円程度。
垂にはゼッケン(1,500円から3,000円程度)をつけます。
防具(面・小手・胴・垂)は入門セットと呼ばれる全て組になったものが、安価なものだと子供用・2万円台から大人用・6万円台で市販されています。
もしサイズの合うものが見つからない場合は、このようなセット品を購入したほうが安く揃えることが出来ます。

ページtopへ

Q2-2.木刀による剣道基本技稽古法って?

以下のビデオをご覧ください。

ページtopへ

Q2-3.竹刀の仕組み方は?

以下のビデオをご覧ください。

竹刀の仕組み方・基礎編

竹刀の仕組み方・応用編

ページtopへ

Q2-4.試合で使える竹刀に決まりはあるの?

竹刀の重さと長さは、財団法人全日本剣道連盟 剣道試合・審判規則第3条、細則第2条(1.2)で規定されています(平成11年4月1日発行)。
また、竹刀各部の名称も同細則同条の第2図にて定められています。

長さは付属部分を含む完成品の全長、重さは鍔を含まない完成品の重量、先革は紐がかからない最小部の直径です。

全剣連規定 竹刀サイズ表

  性別 小学生 中学生 高校生 大学生・一般
一刀の場合 二刀の場合
長さ 共通 111cm以下 114cm以下 117cm以下 120cm以下 114cm以下 62cm以下
重さ 男性 370g以上 440g以上 480g以上 510g以上 440g以上 280〜300g
女性 400g以上 420g以上 440g以上 400g以上 250〜280g
先革 男性 - 25mm以上 26mm以上 26mm以上 25mm以上 24mm以上
女性 - 24mm以上 25mm以上 25mm以上 24mm以上 24mm以上
呼び名 さぶろく 3尺6寸 さんなな 3尺7寸 さんぱち 3尺8寸 さんく 3尺9寸 さんなな 3尺7寸 -

注:上の表のうち小学生については上限で、重さは三六の場合に限ります

ページtopへ

SUB MENU

稽古場所

南小学校

主に火曜日、土曜日の通常稽古の場所。
【稽古時間】
火曜日・・・子供:18:30〜 一般:19:00〜
土曜日・・・子供:18:00〜 一般:19:00〜

中央東小学校

主に月曜日、希望者稽古の場所。
【稽古時間】
子供:18:30〜

中央小学校

主に日曜日、強化稽古の場所。
【稽古時間】
子供:9:30〜 一般:11:00〜(無い場合あり)
※ 最新の稽古予定をご確認の上、稽古・見学にお越し下さい!

携帯電話から

QRコード
inserted by FC2 system