蕨市南剣道クラブ規約


第一章 総則

第1条 本団体は蕨市南剣道クラブ(以下南剣道という)と称す。
第2条 南剣道の事務所は南町3丁目4番3号 高橋宅内に置く。
第3条 南剣道は地域の学校教育活動外においてスポーツを通じ青少年の心身の健全な育成に資することを目的とする。

第二章 事業

第4条 南剣道は第3条の目的を達成するために次の活動を行う。
  1. 各種スポーツ活動
  2. 他団体との交流交歓活動
  3. 文化学習活動
  4. その他南剣道の目的達成に必要な活動

第三章 部員

第5条 南剣道は小学1年生以上の男女を持って構成する。ただし、指導者が認めた場合は幼児の入部も可能である。
第6条 南剣道の部員、指導者は全員財団法人スポーツ安全協会の保険に加入する。
第7条 南剣道への加入は随時行われる。
第8条 南剣道の部員は部費の支払いを6ヶ月滞納したとき当然部員としての資格を失う。
第9条 脱退は任意とする。その場合、南剣道に対して事前に届出をしなければならない。

第四章 指導者

第10条 指導者は南剣道の目的に沿った指導を行う。
第11条 指導者は南剣道の目的遂行のため全力を投入できるよう、財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者賠償責任保険に加入する。

第五章 安全と事故

第12条 南剣道の部員は安全且つ楽しく活動が遂行できるように指導者の注意事項をよく守り、危険な行動を行わない。
第13条 指導者は常に南剣道の部員の行動に注意し、けが等の事故がおきないよう心掛ける。
第14条 南剣道における「けが」は骨折、捻挫、アキレス腱切断等、通院又は入院治療を要する負傷を言う。
尚、骨折等事故ある時はスポーツ保険で保障される。
第15条 南剣道において活動中死亡又は疾病事故等が発生した時は、その原因が指導者又は南剣道に故意または過失がある場合のみ指導者賠償責任保険に定める額で保障する。

第六章 役員

第16条 南剣道には次の役員を置く。
会長 1名
父母会会長 1名
父母会副会長 1名
会計 1名
指導者 若干名
第17条 前条の役員は原則として父母会の互選により選出する。但し会長、指導者はこの限りではない。
  1. 会長は南剣道を代表し南剣道を統括する。
  2. 指導者は南剣道の活動を指導する。
第18条 南剣道の役員の任期は1年とする。但し再任を妨げない。尚役員に欠員を生じた時は前任者の残任期間それを補充する。

第七章 南剣道育成母集団

第19条 南剣道に南剣道育成母集団を置く。名称は蕨市南剣道クラブ父母会とし、会則は別に定める。
第20条 父母会は部費の徴収、スポーツ保険及び指導者損害賠償責任保険の支払い等南剣道の運営を行う。
第21条 南剣道の事業年度は毎年4月1日より翌年3月末日迄とする。

付則

  1. 条文になき事項については南剣道クラブの役員と父母会の役員で協議し会長がこれを決する。
  2. 南剣道の規約改正及び解散は父母会の同意を得なければならない。
  3. 本会則は平成13年4月1日より実施する。

ページtopへ

蕨市南剣道クラブ父母会会則


第一章 総則

第1条 この会は蕨市南剣道クラブ父母会と称する。(以下父母会という)

目的事業

第2条 父母会は南剣道クラブの健全な育成を図るために部員の連絡を密にし、共通理解の上にたって育成事業を行うことを目的とする。
第3条 父母会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 部員の連絡会議
  2. 蕨市南剣道クラブの部員の各種大会参加の助成
  3. 夏季合宿、公式行事への指導者派遣
  4. 剣道大会の開催
  5. ハイキング等レクリエーションの企画立案及び実施
  6. 機関紙の発行
  7. 他目的達成に必要な事業

第三章 組織

第4条 父母会は原則として南剣道クラブの部員の父母をもって組織する。
第5条 父母会は次の役員を置く。
会長 1名
副会長 1名
会計 1名
監査 1名
第6条 役員の任期は1年とし、その再任を妨げない。
第7条 役員は部員の互選により選出する。
第8条
  1. 会長は会を代表し会議を統括する。
    また南剣道クラブが主催する会議等、父母会が主催する会議等の決議権を有し決定必要事項を各役員に連絡する。
    その他、指導者賠償保険の加入手続きを行う。
  2. 副会長は会長を補佐し会長事故ある時は職務を代行する。
  3. 会計は部費の収支記録、会計報告、傷害保険の加入を行う。
  4. 監査は収支の監査を行う。

第四章 会議

第9条 父母会は次の会議を持つ。
  1. 総会
  2. 役員会
第10条 総会は年度末に開催し、会長が召集し、次に揚げる事項を審議する。
  1. 予算及び決算に関する事項
  2. 事業報告及び事業計画に関する事項
  3. その他重要事項
第11条 役員会は会長、副会長、会計をもって組織し会長が随時召集し行う。
第12条 総会は出席者の過半数が議事を決定する。
また、役員会においても議決を必要とする場合は出席者の過半数で議事を決定する。
第13条  会長、副会長は必要と認めた事項及び5万円以上の支出を要する事項は役員会または総会の承認を必要とする。

第五章 部費

第14条 部費は南剣道クラブの部員1名に付き小学生は毎月2,000円とする。
ただし、2人目以降の小学生は毎月1,500円とする。
幼児部員は毎月500円とする。中学生は年間3,000円とする。
第15条 3ヶ月分(6,000円もしくは1,500円)一括払いとし、4月、7月、10月、1月初めに徴収する。
中学生は年額を一括払いとする。
第16条 部費の使途は以下のとおりである。
  1. 各種大会参加の諸経費
  2. 夏季合宿、その他公式行事に派遣する指導者の旅費、宿泊費、会費等
  3. 役員会等により決定した事項に従い必要になった物の購入及び支払い
  4. 雑費(事務用品の購入等)
第17条本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月末日までとする。

付則

  1. 条文になき事項については南剣道の役員と父母会の役員で協議し会長がこれを決する。
  2. 南剣道の規約改正及び解散は父母会の同意を得なければならない。
  3. 本会則は平成13年4月1日より実施する。
  4. 本会則は平成21年4月1日より改正施行する。

ページtopへ

SUB MENU

稽古場所

南小学校

主に火曜日、土曜日の通常稽古の場所。
【稽古時間】
火曜日・・・子供:18:30〜 一般:19:00〜
土曜日・・・子供:18:00〜 一般:19:00〜

中央東小学校

主に月曜日、希望者稽古の場所。
【稽古時間】
子供:18:30〜

中央小学校

主に日曜日、強化稽古の場所。
【稽古時間】
子供:9:30〜 一般:11:00〜(無い場合あり)
※ 最新の稽古予定をご確認の上、稽古・見学にお越し下さい!

携帯電話から

QRコード
inserted by FC2 system